やっぱりなんだかんだ親次第

やはり親の経済状況ではないでしょうか。親が土地などの資産をもっているのであればそれを譲り受けるだけで下手したら一生不労所得でやっていけます。また、今の日本は学歴社会です。高収入を狙えるいい会社に入るには有名大学を卒業するという高学歴が必須です。親が貧乏だと大学すらいかせてもらえない可能性もあります。また、学費が安い国立を目指すのであれば勉強が必須ではありますが、その勉強する為の塾・予備校代やテキスト代などにもお金がかかります。私は大学に進学したかったですが、学費が払えないと親から言われ高卒で働くことを余儀なくされました。小学校の同級生で大学に行き社会人になった友人と比べると年収は天と地の差があります。結局親が貧乏では、いくらその子供が頑張っても限度があります。

値段の高いものを食べられるかどうかだと思います

自分の場合は一食に500円を使うこともためらってしまいます。でもお金持ちの人は一回で3000円くらいのものを食べると思いますね。それは凄いことだと思います。僕も美味しいものを毎日食べたいです。でも僕は100円のアイスでも満足をすることが出来ます。値段が高ければいいというものでもありません。でも高いものは美味しいのですよね。セレブな人は羨ましいです。自分もお金持ちになりたいですがどうやったらそうなれるのかわかりません。自分なんかこないだおまとめローンでお金を借りてしのいでいるところなのに。この差は埋まるのだろうか・・・。

行動力!

決定的な差は行動力。貧乏な自分は、「どうせ無駄になりそうだし」「お金にならなさそうだし」という事ばかり考えて行動しようとしない。世の中のセレブは行動力がある。時間をかけてでもやってみようと思う。そして成功する。発想力もすごい。いつ、何時ともアンテナを張っている。儲かる情報がすごい。決断力もある。行動してみて無理ならすぐに次に進む。セレブはとてもマメな性格だと思う。人脈を築くには、小さな事からマメに行う。会った次の日にはお礼のメールやはがきを送る。そうやって人間関係を築いていっていると思う。

元手の有無が重要

金持ちには、最初から余裕の金があります。貧乏人は、その日暮らしで、金を生むことに使う種銭がありません。それじゃあ貧乏所帯から金持ちに生まれ変わった人はどうなるの…と思われるかもしれませんね。その場合は、、がんばって種銭をつくり、そこから歯を食いしばって余裕金を増やすに至ったのでしょう。余裕金があるからこそ、次のお金を生むことが出来る。バーゲンで良いものを安く買うこともできる。心にひがみを持たずにけちけちすることが出来るわけです。

夫の給料だけでは

夫の給料が安すぎます。手取りは25万円で、住宅ローン、支払い、小遣いを差し引くと、3万円くらいしか残りません。これを貯金するにも見えないお金が飛んでいくので貯金できません。私のパートの給料で何とかやりくりできていますが、このままでは子供ができても育てて行けません。安すぎる旦那の給料を何とかしてほしいです。といっても、そんな仕事を選んだ夫を選んだ私が悪いのですが。

主婦を的にしないで欲しいです。

毎年と言っていいほど話題に上がる、会社員の妻(専業主婦)の3号の件。出来ることなら自営業の奥様も同じにして欲しいです。本当は私たちだって外に出てバリバリ働いて税金も払いたいです。でも、そう出来ない事情(子育て・介護など)もあります。いつだって専業主婦はどんなに家事・育児を頑張ってもそれが当たり前、社会的な評価はされることはない上に低いです。同じ女性からも攻撃を受けることもさえあります。給料は少しでいいです。働きやすい環境で労働・税金を納められるようになればそういうこともなくなると思います。

いろいろありますが

タイトルにした通り、税金等に関してはいろいろ言いたい事といいますか、実はそれほど詳しいわけではありませんのでわかる範囲のことを言わせていただきます。自動車重量税、これは私の知りえる事で言わせていただくと、重量税導入は田中角栄内閣時に、日本の道路を拡張整備?のような目的で導入されたかと思います。それからうん十年、いまの日本はありすぎるどころか(場所によってかとおもいますが)無駄な道路も随分あるかと思います。それでもいまだに高額な重量税(車種で差はありますが)は必要でしょうか?いまいち使い道もあいまいですし、自動車にかかる様々な費用はどこに消えているのでしょうか。

無駄が非常に多過ぎ

国が率先して行なっている、税金や年金についてですが、非常に無駄が多いかと思います。政治家は自分たちの給与削減などしなくて、身を削ることなく、日々の活動をしていますが、我々国民は、汗をかきながら働いています。政治家は変な話、何もしなくても給与が入ってきます。しかし、国民はそうはいきません。そんなことをしたら会社をクビになってしまいます。そんな中、税金や年金は収入に関わらず、きっちり毎月口座から引き落としされます。こういったところが非常に不平感を覚えます。

医療費削減

国会議員、そんなに給料いる??医療費削減を歌って後発品推進をしているけど、ジェネリック医薬品メーカーのCMについては何も指摘しないの?CM一本出すのに数千万円、その利益はジェネリックメーカーの売り上げからでてるんだよね?その分を国家予算に組み入れたらどう?ジェネリックなんていう粗悪品を国民に投与して早死に促進計画。安倍総理、あんたは後発品医薬品飲んでるの?アサコールって製品名で言ってたけど。私は先発品使います。

年金について

国民年金について言いたいですが本当に今の時代に必要か疑問を感じます。払っても私達20代が年金を貰う事になったときにマイナスになるようなら今からやめるべきだと思います。既に払ってない人もいてそれを補填するために年金を高くする。本当に意味がありますか?私達より上の年代でも年金を満足にもらえないのであれば、今から年金をやめて自分達に戻してほしいです。きっとこう思っている方は多いと思います。国にはもっとちゃんとしてほしいです。