いろいろありますが

タイトルにした通り、税金等に関してはいろいろ言いたい事といいますか、実はそれほど詳しいわけではありませんのでわかる範囲のことを言わせていただきます。自動車重量税、これは私の知りえる事で言わせていただくと、重量税導入は田中角栄内閣時に、日本の道路を拡張整備?のような目的で導入されたかと思います。それからうん十年、いまの日本はありすぎるどころか(場所によってかとおもいますが)無駄な道路も随分あるかと思います。それでもいまだに高額な重量税(車種で差はありますが)は必要でしょうか?いまいち使い道もあいまいですし、自動車にかかる様々な費用はどこに消えているのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です